Presentations

2020

  1. ○山崎哲志,三井準也,川本拓治,上村明男
    トリフルオロメタンスルホン酸無水物を用いるトリフルオロメチル化反応
    日本化学会第100春季年会,2F5-10,東京理科大学,2020年3月
  2. ○池田瞬也,川本拓治,上村明男
    アセトフェノン類を用いたN-ビニル置換ピリドンの合成
    日本化学会第100春季年会,2F5-11,東京理科大学,2020年3月
  3. ○野口光貴,川本拓治,上村明男
    テトラフルオロエタンスルホン酸を用いるラジカル反応の開発
    日本化学会第100春季年会,2F5-08,東京理科大学,2020年3月
  4. ○井川恵祐,青山恒平,川本拓治,上村明男
    β-トリフルオロメチルベンジルアミンの新規合成法の開発
    日本化学会第100春季年会,2F5-09,東京理科大学,2020年3月
  5. ○柳澤圭哉,川本拓治,藤井健太,上村明男
    脂溶性と水溶性を制御できるスイッチングイオン液体の合成
    日本化学会第100春季年会,2F1-48,東京理科大学,2020年3月
  6. ○安部航輝,川本拓治,上村明男
    2-スルファニルヒドロキノン蛍光色素の大量合成と位置選択的誘導化反応
    日本化学会第100春季年会,2B3-51,東京理科大学,2020年3月
  7. 梅本春香,川本拓治,本田健,○上村明男
    水溶性獲得を目指した2-スルファニルヒドロキノン二量体蛍光色素誘導体合成
    日本化学会第100春季年会,2B3-52,東京理科大学,2020年3月

2019

  1. ○梅本春香,本田健,川本拓治,上村明男
    2-スルファニルヒドロキノン二量体誘導体を用いたバイオイメージング材料開発の検討
    第46回典型元素化学討論会,P-3,松山大学,2019年12月
  2. ○野沢凌,川本拓治,上村明男
    アミド型アザエンイン化合物のラジカルカスケード反応
    第46回典型元素化学討論会,P-44,松山大学,2019年12月
  3. ○柳澤圭哉,川本拓治,藤井健太,上村明男,脂溶性/水溶性を変化できる新規なスイッチングイオン液体の合成とその溶解性の検討,第10回イオン液体討論会,2P04,大阪大学,2019年11月22日
  4. ○Kawamoto, T.; Noguchi, K.; Mochimizo.; Takata, R.; Sasaki, R.; Kamimura, A.;
    Radical Reaction of Vinyl Triflates Leading to α-Trifluoromethylated Ketones
    9th Pacific Symposium on Radical Chemistry (PSRC- 2019), Pacific Grove, California, US, June 2019
  5. ○川本拓治,佐々木理緒,高田凌太朗,野口光貴,持溝桂介,上村明男
    Synthesis of α-Trifluoromethylated Ketones using Trifluoromethanesulfonic Acid or Anhydride
    日本化学会第99春季年会,2I3-13,甲南大学,2019年3月
  6.  ○野沢凌,川本拓治,上村明男
    N-プロパルギルメタクリルアミド誘導体を用いたラジカルカスケード反応による二環性スタノラン合成
    日本化学会第99春季年会,3I5-28,甲南大学,2019年3月
  7.  ○梅本春香,川本拓治,本田健,上村明男,乾誠
    2-スルファニルヒドロキノン誘導体蛍光材料のバイオイメージング材料に向けた展開
    日本化学会第99春季年会,3E1-33,甲南大学,2019年3月
  8. ○川本拓治,佐々木理緒,高田凌太朗,野口光貴,持溝桂介,上村明男
    Synthesis of α-Trifluoromethylated Ketones using Trifluoromethanesulfonic Acid or Anhydride
    日本化学会第99春季年会ATPポスター,1PC-035,甲南大学,2019年3月

2018

  1. (Invited) Kamimura, A.
    Selective Depolymerization and Direct Conversion of Polyamides
    International Conference on Advanced and Applied Petroleum, Petrochemicals, and Polymers in 2018 (ICAPPP 2018), December 2018
  2. ○上村明男,板谷朋幸,野沢凌,川本拓治
    スズラジカルを用いたカスケード反応を用いた複素環合成
    第45回有機典型元素化学討論会,O-12,新潟,2018年12月
  3. (Invited) Kamimura, A.; Watanabe, R.; Ikeda, K.; Kawamoto, T.; Sumimoto, M.
    Synthesis of deltaarenes, Novel Macrocyclic Compounds
    The 13th International Symposium on Organic Reactions (ISOR13), November 2018
  4. Takata, R.; Sasaki, R.; Noguchi, K.; Mochimizo, K.; Kawamoto, T.; Kamimura, A.
    Synthesis of α-Perfluoroalkylated Ketones from Aryl Alkynes
    The International Kyoto Conference on New Aspects of Organic Chemistry-14 (IKCOC-14), PC(C)-32, Kyoto, Japan, November 2018
  5. (Invited) Kamimura A.
    New Aspect of Ionic Liquids: from Selective Decompo
    the 6th Asian-Pacific Conference on Ionic Liquids and Green Processes (APCIL-6), November 2018
  6. (Invited) Kamimura A.
    A novel heterocyclic synthesis using cascade reactions of tin radicals
    國立臺灣師範大學, 2018年11月
  7. 大久保晃太,白松勇人,上村明男,藤井健太
    疎水性/親水性をスイッチできる新規イオン液体の基礎物性とイオン間相互作用
    日本化学会中国四国支部大会,2018年11月
  8. 白松勇人,村田健虎,川本拓治,藤井健太,上村明男
    水溶性と脂溶性をスイッチできる新規イオン液体の合成と物性
    第9回イオン液体討論会,米子,2018年10月
  9. (招待講演)上村明男
    イオン液体のポリマー変換反応への可能性と分離の改善に向けた研究
    セントラル硝子化学研究所,2018年10月
  10. (Invited) Kawamoto, T.
    A Novel Conversion of Vinyl Triflates into α-Trifluoromethylated Ketones
    ICPAC-Langkwai 2018, Langkwai, November 2018
  11. Kamimura, A.
    Use of ionic liquids for polymer degradation chemistry
    The 27th Conference on Molten Salts and Ionic Liquids, _ EuCheMSIL 2018, October 2018
  12. (Invited) Kamimura, A.
    Conversion of polyamides into hydroxyesters for chemical recycling of waste polymers
    The 10th International Conference of Modification, Degradation and Stabilization of Polymers (MoDeSt2018), September 2018
  13. Kamimura, A.; Watanabe, R.; Ikeda, K.; Kawamoto, T.
    Deltaarenes, new macrocyclic compounds containing six sulfur atoms
    The 28th International Symposium on the Organic Chemistry of Sulfur (ISOCS28), TIT, August 2018
  14. Umemoto, H.; Kawamoto, T.; Kamimura, A.
    Modification of 2-sulfanylhydroquinone to attach bioactive molecules
    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS), P-22, Kyoto, Japan, August 2018
  15. Nozawa, R.; Kawamoto, T.; Kamimura, A.
    Preparation of bicyclic lactam via radical cascade triggered by tin radical
    International Symposium on Main Group Chemistry Directed towards Organic Synthesis (MACOS), Kyoto University, August 2018
  16. (Invited) Kamimura, A.Development of Green Synthesis Using Ionic LiquidsThe 11th Choshu-London Symposium, University College London, June 2018
  17. Kamimura, A.; Ikeda, K.; Kawamoto, T.Deltaarenes; Novel Sulfur-containing Macrocyclic CompoundsThe 15th International Symposium on Inorganic Ring Systems (IRIS15), Kyoto, June 2018
  18.  (Invited) Kawamoto, T.
    Development of Radical Reactions using Vinyl Triflates
    Choushu-London Symposium, Yamaguchi University, March 2018
  19. 上村明男Development of a new fluorescent dye based on 2-sulfanylhydroquinone dimers田村教授退官記念シンポジウム,京都大学,2018年5月
  20. ○川端淳嗣,折谷亨平,川本拓治,上村明男
    水素化ホウ素ナトリウムを用いるトシルアミドの脱トシル化反応
    日本化学会第98春季年会,2F1-09,日本大学,2018年3月
  21.  ○森岡翼,川本拓治,上村明男,Curran Dennis P.
    NHC-ボランを用いたアリールスルホンのラジカルホウ素化反応の開発
    日本化学会第98春季年会,2F1-10,日本大学,2018年3月
  22.  ○三井準也,川本拓治,上村明男
    トリフルオロメタンスルホン酸無水物/DABCOを用いるアリールアルキンの二官能基化反応
    日本化学会第98春季年会,2F1-11,日本大学,2018年3月

2017

  1. (招待講演)○川本拓治
    エノールトリフラートを用いる新しいトリフルオロメチル化反応
    有機合成化学協会九州山口支部第2回有機合成化学講演会,九州工業大学,2017年11月
  2. ○川本拓治,佐々木理緒,高田凌太郎,上村明男
    One-pot反応によるα-トリフルオロメチルケトンの合成
    第40回フッ素化学討論会,P-64,鳥取,2017年11月
  3. 〇福島正人,板谷朋幸,川本拓治,上村明男
    有機スズ上の置換基のラジカルとしての脱離性に関する研究
    2017年日本化学会中国四国支部大会 鳥取大会,OR39P,鳥取,2017年11月
  4.  ○三井準也,川本拓治,上村明男
    アルキンの二官能基化反応の開発
    2017年日本化学会中国四国支部大会 鳥取大会,OR58P,鳥取,2017年11月
  5.  ○川端淳嗣,折谷享平,川本拓治,上村明男
    水素化ホウ素ナトリウムを用いるラジカル脱トシル化反応の開発
    2017年日本化学会中国四国支部大会 鳥取大会,OR59P,鳥取,2017年11月
  6. 〇板谷朋幸,吉永達郎,川本拓治,上村明男
    高次なラジカルカスケード反応を用いた立体選択的ピペリジン合成
    第47回複素環化学討論会,3O-02,高知,2017年10月
  7.  ○川本拓治
    Trifluoromethylation of Enol Triflates
    第2回大津会議 合同研究発表会,大津,2017年9月
  8. (招待講演)○佐々木理緒,川本拓治,上村明男
    共役ビニルトリフラートを用いるトリフルオロメチル化反応の開発
    有機合成化学協会九州山口支部第29回若手研究者のためのセミナー,九州大学,2017年8月
  9.  ○川本拓治,佐々木理緒,上村明男
    共役エノールトリフラートを用いるトリフルオロメチル化反応の開発
    第7回フッ素化学若手の会,P-43,京都湯の花温泉,2017年8月
  10.  ○佐々木理緒,川本拓治,上村明男
    ビニルトリフラートを用いたαートリフルオロメチルケトンの合成
    第27回万有福岡シンポジウム,P-8,九州大学,2017年6月

    平成29年度 有機合成化学協会九州山口支部ポスター賞(万有福岡シンポジウム)

  11. ○福光智紀,池田一稀,川本拓治,上村明男
    新規大環状化合物デルタアレーンとビオロゲンとの相互作用
    日本化学会第97春季年会,1F8-56,慶應大学,2017年3月
  12. ○折谷亨平,川本拓治,上村明男,CurranDennis, P.
    ボロヒドリドを用いた還元的脱シアノ化反応におけるチオールの添加効果
    日本化学会第97春季年会,2E3-34,慶應大学,2017年3月
  13. ○板谷朋幸,福島正人,宮崎弘一郎,川本拓治,上村明男
    スズ原子上への直接的ラジカル置換を経由するラジカルカスケード反応
    日本化学会第97春季年会,2E8-40,慶應大学,2017年3月
  14. ○上村明男,池田功介,松本紘,海磯孝二,吉本誠
    超臨界メタノール中でのポリアミドの解重合反応の反応機構
    日本化学会第97春季年会,3A5-35,慶應大学,2017年3月

2016

  1. ○Sasaki, R.; Kawamoto, T.; Kamimura, A.
    One-pot α-Trifluoromethylation of Acetophenones via Vinyl Triflates
    The 10th International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10),  P-73, Awaji, Japan, November 2016
  2.  ○Kawamoto, T.; Oritani, K.; Kamimura, A.; Curran, D. P.
    Borohydride-mediated C-CN Bond Cleavage Reactions
    The 10th International Symposium on Integrated Synthesis (ISONIS-10),  P-55, Awaji, Japan, November 2016
  3.  ○Sasaki, R.; Kawamoto, T.; Kamimura, A.
    Radical Trifluoromethylation of Vinyl Triflates
    12th International Symposium on Organic Free Radicals (ISOFR-12), P-2, Shanghai, China, October 2016
  4.  ○Kawamoto, T.; Oritani, K.; Shimaya, Y.; Kamimura, A.; Curran, D. P.
    Radical Mediated C-CN Bond Cleavage Reactions
    12th International Symposium on Organic Free Radicals (ISOFR-12), P-4, Shanghai, China, October 2016
  5. 〇福光智紀,上村明男,川本拓治
    2-スルファニルヒドロキノン二量体を構成要素とする新規大環状化合物の合成とその物性研究
    第27回基礎有機化学討論会,2P145,広島国際会議場,2016年9月
  6. ○佐々木理緒,川本拓治,上村明男
    ビニルトリフラートを用いるラジカルトリフルオロメチル化反応
    日本化学会第96春季年会,4H2-42,同志社大学,2016年3月
  7. ○嶋屋雄大,川本拓治,上村明男
    TTMSSを用いたマロノニトリル類の還元的脱シアノ化反応
    日本化学会第96春季年会,4H2-40,同志社大学,2016年3月
  8. ○折谷亨平,川本拓治,上村明男
    ボロヒドリドを用いた脂肪族ニトリルに対する還元的脱シアノ化反応
    日本化学会第96春季年会,4H2-38,同志社大学,2016年3月
  9. ○佐藤葵生,川本拓治,柳日馨
    遷移金属触媒を用いないヨウ化アリールのアミノカルボニル化反応
    日本化学会第96春季年会,2H4-10,同志社大学,2016年3月
  10. ○板谷朋幸,吉永達郎,宮崎弘一郎,川本拓治,上村 明男
    1,6-エンイン化合物へのスズラジカルのカスケード反応によるピペリジン合成
    日本化学会第96春季年会,2F7-56,同志社大学,2016年3月
  11. ○Kamimura, A.; Matsumoto, H.; Kaiso, K.; Yoshimoto, M.
    A study on depolymerization reactions of polyamides in supercritical methanol
    日本化学会第96春季年会,2A2-11,同志社大学,2016年3月

2015

  1. ○Kawamoto, T.; Curran, D. P.,
    Byproduct free synthesis: Radical cyanation of NHC-boranes and decyanation of malononitriles
    The Pacifichem 2015, 804, Honolulu, US, December 2015
  2.  ○Sato, A.; Kawamoto, T.; Ryu, I.
    Photoinduced metal-free aminocarbonylation of aryl iodides
    The Pacifichem 2015, 2475, Honolulu, US, December 2015
  3. ○田中聡之,宗正浩,川本拓治,上村明男
    スタノランを用いた位置選択的ダブルStilleカップリング反応
    第42回有機典型元素化学討論会,O-18,名古屋大学,2015年12月
  4. ○板谷朋幸,福島正人,田中聡之,吉永達郎,川本拓治,上村明男
    スズラジカルのカスケード反応を用いた新規な複素環合成
    第42回有機典型元素化学討論会,P-34,名古屋大学,2015年12月
  5. ○板谷朋幸,吉永達郎,宮崎弘一郎,川本拓治,上村明男
    分子内ラジカル置換―転位反応を用いた複素環合成
    2015年日本化学会中国四国支部大会,14P38,岡山大学,2015年11月
  6. ○嶋屋雄大,上村明男,川本拓治
    シリルヒドリドによるマロノニトリルの還元的脱シアノ化反応
    2015年日本化学会中四国支部大会,14P-49,岡山大学,2015年11月
  7. ○川本拓治,Gieb, S. J.,Curran, D. P.
    NHC-ボランのラジカルシアノ化反応およびマロノニトリルの還元的脱シアノ化反応
    第26回基礎有機化学討論会,1C09,愛媛大学,2015年9月
  8.  ○Kawamoto, T.; Curran, D. P.
    Radical Cyanation of NHC-boranes and Decyanation of Dinitriles
    7th Pacific Symposium on Radical Chemistry (PSRC-7), SR01, NTU, Singapore, July 2015
  9.  ○Sato, A.; Kawamoto, T.; Ryu, I.
    Catalyst-Free Aminocarbonylation of Iodoarenes
    7th Pacific Symposium on Radical Chemistry (PSRC-7), SR03, NTU, Singapore, July 2015